月別アーカイブ: 2017年11月

オリンパスのレンズの買取なら宅配買取がいいみたい

知り合いが、オリンパスのレンズ、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8を買取に出すそうで、興味があったので、話を聞かせてもらいました。

オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8って、ボケを出したい人向けのレンズだそうです。たとえば、コンパクトデジカメのユーザーが、マイクロフォーサーズのミラーレスを買うとすると、パンケーキレンズキットもしく標準ズームキット、ダブルズームキットのどれかだろうということです。

ただ、これだとコンデジでできないボケを味わうには、ちょっと無理があるそうです。

というのは、パンケーキは広角系だし、開放絞り値も、それほど明るくないし、ズームレンズだと、それよりは開放絞り値が暗いってわけです。

ボケを出すには、焦点距離が長い、開放絞り値が明るい、被写体までの距離が近いと背景はボケる

ってことがポイントになるそうです。
つまりは、ボケ写真を撮るには、開放絞り値が明るいレンズで、焦点距離は標準か中望遠あたりが、ベストだろうということです。

 

その点、オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8は、気軽にミラーレスのボケ感を楽しめるんだそうです。

ちなみに、焦点距離は90mmレベルの単焦点、高級レンズの部類に入るそうだし、それでいて値段も手頃だったそうです。

長さ46mm、重さ116gなので、標準レンズと比較しても小型軽量だってことです。

で、どこに買取してもらうことにしているのかを聞くと、オリンパスのレンズの買取方法のうちの1つがラクラク利用可能な宅配買取だって言ってました。

カメラやレンズの買取に力を入れている業者は、たくさんあるので、全部の業者を比較し、チェックするのは、無理です。

カメラのレンズ買取とか、とくにネットの場合は、手数料がかかるのか?とか査定料は?とか気になりますよね。

でも、ほとんどっていうか聞くところによれば、そういったお金はいっさいかからないんだそうです。

無料です。だから、レンズ買取なら、ラクラクと査定依頼ができる宅配買取にしようと思っているそうです。

家で必要書類を用意し、買取希望の商品を箱詰めし買取業者に送り、そこで査定してもらい、買取を決めるという流れです。

これだとかなり手間がかかりませんし、査定の比較も簡単です。
>>オリンパス レンズ 買取で検索して、おすすめの業者を紹介しているサイトから、見つけたそうですよ。